ページトップ

書籍

カテゴリー

  • アート
    • 画集
    • 技法書
    • 工芸
    • 芸術史
  • フォトグラフ
  • グラフィックデザイン
    • 作品集
    • 広告
    • イラストレーション
    • 色彩
    • 年鑑
  • プロダクトデザイン
    • プロダクト
    • パッケージ
    • 年鑑
  • スペースデザイン
    • 作品集
    • 評論
    • インテリア
    • SPA-DE
    • 年鑑
  • アーキテクチャー
    • 作品集
    • 評論
  • フラワーデザイン
    • テキスト
    • レッスン
    • ブリザードフラワー
    • ウエディング
  • ガーデニング
  • 生活一般
    • ホビー
    • フード
    • 手芸
    • 健康
    • エンターテイメント
    • オトナビブックス
  • カルチャー
    • 文芸
    • 雑学
    • オレキバ
  • トラベル

ロセッティとラファエル前派

ロセッティとラファエル前派
  • ロセッティとラファエル前派

◆内容紹介

有名画家ならびに当時のアートシーンを豊富な図版と分かり易い解説で紹介するシリーズ。
気軽にアートに触れ、1枚の絵に込められたメッセージを読み解くためのアート入門書です。


19世紀半ば、ヴィクトリア朝時代のイギリスに一大センセーションを巻き起こしたのが、若き芸術家集団「ラファエル前派」です。(中心メンバーは、ジョン・エヴァレット・ミレイ、ウィリアム・ホルマン・ハント、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ)
関係性の深いバーン=ジョーンズやウイリアム・モリスをはじめ、その後のヨーロッパ全土に渡るアートシーンに影響を与えた彼らの成立から終焉までの全貌を、豊富な図版を通して探るまたとない一冊です。


目次
序章 ラファエル前派の『芽生え』
第1章 ラファエル前派の成立
第2章 自然主義と心理描写
第3章 第二次ラファエル前派の誕生
第4章 夢を見る女たち/夢に見る女たち


コラム
●19世紀後半のイギリス
●ジョン・ラスキンと中世主義
●ダンテ『新生』とマロリー『アーサー王の死』
●ピュグマリオンと「スタナー」
●ヴィクトリア時代の芸術集団
●ラファエル前派の遺産



著者 
松下由里 マツシタ ユリ
群馬県立館林美術館学芸員。専門は19世紀英国美術。
1990年お茶の水女子大学人文科学研究科修士課程終了後、群馬県立美術館学芸員を経て現職。
担当した企画展は「ベン・ニコルソン展」「印象派展」「オーブリー・ビアズリー展」「ロセッティとバーン=ジョーンズ-モリスをめぐる作家たち-」等多数。

レビュー

レビューを投稿

ショッピングカート

定価 1,944円(本体1,800円)
購入数 :

カートに入れる

書籍データ

定価 1,944円(本体1,800円)
著者:松下由里
ISBN: 4-89737-568-1
Cコード:C0071
判型:B5判変型
頁数:131ページ
発売日:2006/12/1

SSL グローバルサインのサイトシール