ページトップ

書籍

カテゴリー

  • アート
    • 画集
    • 技法書
    • 工芸
    • 芸術史
  • フォトグラフ
  • グラフィックデザイン
    • 作品集
    • 広告
    • イラストレーション
    • 色彩
    • 年鑑
  • プロダクトデザイン
    • プロダクト
    • パッケージ
    • 年鑑
  • スペースデザイン
    • 作品集
    • 評論
    • インテリア
    • SPA-DE
    • 年鑑
  • アーキテクチャー
    • 作品集
    • 評論
  • フラワーデザイン
    • テキスト
    • レッスン
    • ブリザードフラワー
    • ウエディング
  • ガーデニング
  • 生活一般
    • ホビー
    • フード
    • 手芸
    • 健康
    • エンターテイメント
    • オトナビブックス
  • カルチャー
    • 文芸
    • 雑学
    • オレキバ
  • トラベル

新装版 亀倉雄策の直言飛行

新装版 亀倉雄策の直言飛行
  • 新装版 亀倉雄策の直言飛行
  • 新装版 亀倉雄策の直言飛行
  • 新装版 亀倉雄策の直言飛行
  • 新装版 亀倉雄策の直言飛行

◆内容紹介

幅広い交友・ユーモアあふれる人間描写が冴える名エッセイ
「痛快デザインエッセイ ついに復刊。 
日本のデザイン界を創ったグラフィックデザイナーの四方山話」




    オリンピックのポスターのパロディ。
    むこうから若い頃、順に年をとって、いちばん手前がおじいさん。
    うまいねぇ。
    これこそ天才芸だ。
    そりゃまあ、オリンピックのポスターは私の歴史だもんね。
    昔は「五輪のカメさん」と言われたもんだ。
    (本文抜粋)




    デザイナーは常に客観的に自分自身を観察しなければならない。
    自分に溺れていいのは絵描きの世界だけだ。
    デザイナーは自分に溺れているように見せながら、
    心眼は冷徹でなければならない。
    そして自分を自分で判断しながら、自分を見ることだ。
    (本文抜粋)







土門拳、イサム・ノグチ、原弘、前川國男、有本利夫、
草野心平との交友録をはじめに、
カッサンドル、サヴィニャック、ウォーホル、天才たちへのオマージュまで。

日本と西洋の文化についての幅広い見識とユーモアあふれる人間描写が秀逸。



カバーイラスト:和田誠
表紙・扉イラスト:下谷二助




<目次>
・まえがき 私の原風景
A:写真家・土門拳/
 彫刻家・イサム ノグチ/
 装幀家・原弘/
 建築家・前川國男/
 画家・有元利夫/
 詩人・草野新平/
B:王者・カッサンドル/
 サヴィニャックはフランスの文化である/
 ウォーホルはミラクルマンか/
 ジャーナリスティック・デザイナー・ルウ・ドーフスマン/
 丹下健三・マスコミと政治の狭間に/
 滝口修造のデカルコマニー/
 美の開眼の扉・いわさきちひろ/
 ニューバロック・永井一正
 中村誠の「女性」/
 日本人の故郷・原田泰治/
 結晶・佐藤晃一
C:西洋と日本の接点/
 異種交配と新文化/
 甘い企業から文化は生まれない/
 日本のCI現象/
 高尚な道楽/
 メッセージ多様化のなかのポスター/
 ポスターが面白い/
 ピース・ポスターについて・ひとひらの詩情とひとすじのドラマ/
 校正刷り/
 二十一世紀/
 黄金の茶室と利休
D:喜びも悲しみもデザイン賞/
 大金持ちになれない小金虫/
 ニッポンのデザイナーよ目をあけろ!ねぼけるな!/
 アートディレクターって何だ/
 青春って甘くて哀しいんだ/
 グラフィック・デザイナーは仲良しクラブ/
 編集者はペダルをこぎっぱなし/
 デザイナーのおまじない、マイニチ、マイニチ、コテン、コテン/
 デザイナー諸君!夢よ!もう一度!/
 ヤブレカブレの八つあたり
・あとがき・私の原風景

関連書籍

【重版】亀倉雄策のデザイン 新装版

【重版】亀倉雄策のデザイン 新装版
著者:亀倉雄策
定価:9,558円(税込)



レビュー

レビューを投稿

ショッピングカート

定価 1,944円(本体1,800円)
購入数 :

カートに入れる

書籍データ

定価 1,944円(本体1,800円)
著者:亀倉雄策
ISBN: 978-4-89737-726-1
Cコード: C0070 
判 型: 四六版・ソフトカバー・ジャケット装
頁 数: 232 ページ
発売日: 2012年12月5日

立ち読み一覧へ

SSL グローバルサインのサイトシール