ページトップ

書籍

カテゴリー

  • アート
    • 画集
    • 技法書
    • 工芸
    • 芸術史
  • フォトグラフ
  • グラフィックデザイン
    • 作品集
    • 広告
    • イラストレーション
    • 色彩
    • 年鑑
  • プロダクトデザイン
    • プロダクト
    • パッケージ
    • 年鑑
  • スペースデザイン
    • 作品集
    • 評論
    • インテリア
    • SPA-DE
    • 年鑑
  • アーキテクチャー
    • 作品集
    • 評論
  • フラワーデザイン
    • テキスト
    • レッスン
    • ブリザードフラワー
    • ウエディング
  • ガーデニング
  • 生活一般
    • ホビー
    • フード
    • 手芸
    • 健康
    • エンターテイメント
    • オトナビブックス
  • カルチャー
    • 文芸
    • 雑学
    • オレキバ
  • トラベル

巣づくりの名人 スズメバチ

巣づくりの名人 スズメバチ
  • 巣づくりの名人 スズメバチ
  • 巣づくりの名人 スズメバチ
  • 巣づくりの名人 スズメバチ
  • 巣づくりの名人 スズメバチ

◆内容紹介

=信州の風来坊 写真家:須田みつまさがおくるハチの写真絵本=
たくましく生きる 小さな いのち

信州の山間でハチと共存する自然人である著者が、
スズメバチの特徴ある巣づくりの生態を観察し、
生き生きとした写真絵本にしました。

5月、一ぴきの スズメバチが巣づくりをはじめました。
コガタスズメバチの女王バチです。

梅雨明けごろまで、巣の中には女王バチと幼虫しかいません。
女王バチは一匹だけで巣づくりをしなければならないので、
巣はなかなか大きくなりません。

しかし、はたらきバチが つぎつぎと たん生し、かっぱつに
動きはじめると、巣は急に大きくなっていきます。

ハチたちは巣の中で何をしているのでしょう。
どうやって巣を大きくしていくのでしょうか。

巣の中で たくましくはたらくハチたちをとらえた
美しい写真の数々に心が動かされます。




◇須田 貢正(すだ・みつまさ)
1951年、千葉県に生まれる。尚美高等音楽学園(作曲専攻)卒業。作曲活動のほか、詩・書・写真・陶芸と多彩な作品活動をつづける。房総・信州の山間に居住して農業にも親しむ。ハチとの共存も永く、97年『銀花』(文化出版局) 誌に「風来坊の信州」として紹介される。長野県中川村の「ハチ博物館」開館に協力し、ふるさと体験館では陶芸指導員を務める。主な著作に詩集『いじけたランプ』(パンポエジイ社)、絵本『ハチのうた』、『たんぽぽふわり』(以上、ほるぷ出版)、『草刈りをするハチ―アシナガバチの生活』(六耀社)、詩書写真集『遊墨の詩(うた)―風来坊』(風林舎)、作詩作品に混声合唱組曲『旅の途の風に』(カワイ出版)、CD 作品に『旅の途の風に』(ビクターエンタテインメント)などがある。

関連書籍

草刈りをするハチ

草刈りをするハチ
著者:須田 貢正
定価:1,512円(税込)



レビュー

レビューを投稿

書籍データ

定価 1,620円(本体1,500円)
著者:須田 貢正
ISBN: 978-4-89737-989-0
Cコード:  C8797
判型: A4 判変型(天地255×左右215㎜)
体裁: 角背上製本、フルカラー
頁数: 32ページ
発売日: 2017年6月25日


【小学低学年から】

立ち読み一覧へ

SSL グローバルサインのサイトシール