ページトップ

書籍

カテゴリー

  • アート
    • 画集
    • 技法書
    • 工芸
    • 芸術史
  • フォトグラフ
  • グラフィックデザイン
    • 作品集
    • 広告
    • イラストレーション
    • 色彩
    • 年鑑
  • プロダクトデザイン
    • プロダクト
    • パッケージ
    • 年鑑
  • スペースデザイン
    • 作品集
    • 評論
    • インテリア
    • SPA-DE
    • 年鑑
  • アーキテクチャー
    • 作品集
    • 評論
  • フラワーデザイン
    • テキスト
    • レッスン
    • ブリザードフラワー
    • ウエディング
  • ガーデニング
  • 生活一般
    • ホビー
    • フード
    • 手芸
    • 健康
    • エンターテイメント
    • オトナビブックス
  • カルチャー
    • 文芸
    • 雑学
    • オレキバ
  • トラベル

RAVターナー

RAVターナー
  • RAVターナー

◆内容紹介

有名画家にスポットを当て、その作品や人物像を分かり易く紹介します。
豊富な図版と、多彩な著者陣による興味深い解説により、入門者から美術愛好者まで幅広く楽しめる構成です。


環境によって磨きをかけられた天性の画家と、若くして確立した名声をほしいままに、「風景の発見」の時代を代表するターナーの魅力溢れる風景画の全貌と、透視画法の精密さをその作品から解明。
師ともいうべきクロード・ロランやターナーのスペクタキュラー的側面に多大な影響を与えたラウザバーグの作品などから、ターナーの生きた時代が浮かび上がる。


目次
序章 絵画のリアリティ
第一章 「地誌」水彩画家ターナー
第二章 ピクチャレク
第三章 崇高あるいはスペクタクル
第四章 時を超えたライバル
第五章 光と色彩と空気の絵画


コラム
●イギリスのロイヤル・アカデミー
●『イングランドとウェイルズのピクチャレスクな景観』
●『ターナーにとってのネーデルランド絵画』
●スペクタクルの時代
●ナショナル・ギャラリーとテイト・ギャラリー



著者
藤田治彦
1951年福島県生まれ。大阪大学大学院文学研究科助教授、芸術学。京都工芸繊維大学、大阪市立大学、イエール大学大学院等に学ぶ。京都工芸繊維大学助教授、ルーヴェン・カトリック大学客員教授等を経て、現職。『風景画の光』(講談社)、『マンハッタンの建築』(講談社)、『ナショナル・トラストの国』(淡交社)、『ウィリアム・モリス』(鹿島出版会)、『現代デザイン論』(昭和堂)ほか著書多数。

レビュー

レビューを投稿

ショッピングカート

只今品切れ中です。
詳細はお問い合わせください。
»お問い合わせ

書籍データ

定価 1,944円(本体1,800円)
著者:藤田治彦
ISBN: 4-89737-387-5
Cコード:C3072
判型:B5判変型
頁数:176ページ
発売日:2001/6/25

SSL グローバルサインのサイトシール