ページトップ

書籍

カテゴリー

  • アート
    • 画集
    • 技法書
    • 工芸
    • 芸術史
  • フォトグラフ
  • グラフィックデザイン
    • 作品集
    • 広告
    • イラストレーション
    • 色彩
    • 年鑑
  • プロダクトデザイン
    • プロダクト
    • パッケージ
    • 年鑑
  • スペースデザイン
    • 作品集
    • 評論
    • インテリア
    • SPA-DE
    • 年鑑
  • アーキテクチャー
    • 作品集
    • 評論
  • フラワーデザイン
    • テキスト
    • レッスン
    • ブリザードフラワー
    • ウエディング
  • ガーデニング
  • 生活一般
    • ホビー
    • フード
    • 手芸
    • 健康
    • エンターテイメント
    • オトナビブックス
  • カルチャー
    • 文芸
    • 雑学
    • オレキバ
  • トラベル

磯崎新の建築談議2アクロポリス

磯崎新の建築談議2アクロポリス
  • 磯崎新の建築談議2アクロポリス

◆内容紹介

アクロポリスをとおして建築を見る。


アクロポリスは建築の聖地であって、誰もが巡礼のように訪れざるを得ない。
決定的な不動のモデルとなっている。


建築といえば、アテネのアクロポリス、とりわけパルテノンがひきあいに出される。
建築と名がつくものすべての、いわば母のような存在のアクロポリス。
無数の先行する事例のなかで、強烈な張力をもって迫ってくる。
それはどうしてなのか。とりわけその影響力がヨーロッパに現れているが、どういう状態か。
そして、日本の場合はどうか。伊勢神宮、法隆寺、桂離宮と比較されたことや、そして文化遺跡の修復問題などへ、話は幅広く展開する。
予想を遙かにこえた広い内容の充実度!!


著者:磯崎 新
写真:篠山紀信




※在庫僅少の為、表紙や函にスレや焼けが目立つ場合がございます。
ご了承下さい。

レビュー

レビューを投稿

書籍データ

定価 4,104円(本体3,800円)
著者:磯崎新
ISBN: 4-89737-393-X
Cコード:C3352
判型:A5判変型
頁数:176ページ
発売日:2001/7/25

SSL グローバルサインのサイトシール