ページトップ

書籍

カテゴリー

  • アート
    • 画集
    • 技法書
    • 工芸
    • 芸術史
  • フォトグラフ
  • グラフィックデザイン
    • 作品集
    • 広告
    • イラストレーション
    • 色彩
    • 年鑑
  • プロダクトデザイン
    • プロダクト
    • パッケージ
    • 年鑑
  • スペースデザイン
    • 作品集
    • 評論
    • インテリア
    • SPA-DE
    • 年鑑
  • アーキテクチャー
    • 作品集
    • 評論
  • フラワーデザイン
    • テキスト
    • レッスン
    • ブリザードフラワー
    • ウエディング
  • ガーデニング
  • 生活一般
    • ホビー
    • フード
    • 手芸
    • 健康
    • エンターテイメント
    • オトナビブックス
  • カルチャー
    • 文芸
    • 雑学
    • オレキバ
  • トラベル

漱石のデザイン論-建築家を夢見た文豪-

漱石のデザイン論-建築家を夢見た文豪-
  • 漱石のデザイン論-建築家を夢見た文豪-

◆内容紹介

夏目漱石には建築家になりたかった理由がある。それは?


クリエイターとしての漱石を通じて、
「文学と建築」や「文学とデザイン」の意外な関係が見えてきた。


目次
1章 建築家を志した漱石
2章 漱石のデザイン論
3章 模倣とオリジナリティー
4章 職業としての作家とデザイナー
5章 漱石の「還元的感化」論
6章「自己本位」主義のすすめ




◆川床優(かわとこゆう)
1975年武蔵野美術大学建築学科卒業。
インテリア出版「ジャパン・インテリア・デザイン」編集部勤務後、フリー。メディア・ギルド、IDL情報デザイン研究所の代表を経て、現職

レビュー

レビューを投稿

書籍データ

定価 2,160円(本体2,000円)
著者:川床 優
ISBN: 978-4-89737-730-8
Cコード: C1095 
判 型: 四六版・ハードカバー
頁 数: 264 ページ、
発売日: 2012年12月3日

SSL グローバルサインのサイトシール