ページトップ

書籍

カテゴリー

  • アート
    • 画集
    • 技法書
    • 工芸
    • 芸術史
  • フォトグラフ
  • グラフィックデザイン
    • 作品集
    • 広告
    • イラストレーション
    • 色彩
    • 年鑑
  • プロダクトデザイン
    • プロダクト
    • パッケージ
    • 年鑑
  • スペースデザイン
    • 作品集
    • 評論
    • インテリア
    • SPA-DE
    • 年鑑
  • アーキテクチャー
    • 作品集
    • 評論
  • フラワーデザイン
    • テキスト
    • レッスン
    • ブリザードフラワー
    • ウエディング
  • ガーデニング
  • 生活一般
    • ホビー
    • フード
    • 手芸
    • 健康
    • エンターテイメント
    • オトナビブックス
  • カルチャー
    • 文芸
    • 雑学
    • オレキバ
  • トラベル

新装版 空間創造発想帖

新装版 空間創造発想帖
  • 新装版 空間創造発想帖

◆内容紹介

ディスプレイデザイナーのアタマとシゴト

 =空間づくりのプロフェッショナルが
  「空間のつくりかた」の明かす手の内=

ホテルや商業施設、展覧会、ウインドウ、展示会、ミュージアムなど、
ディスプレイデザインの仕事のすべてがここに入っています。

発想のきっかけやデザインのプロセスは? 
仕事に対してどのような手法でアプローチしているのか?
どんな工夫を施しているのか?
現在活躍中のディスプレイデザイナーの仕事を、
あらゆる角度から光をあててわかりやすく紹介。

空間づくりのプロフェッショナルが、自らの創造について語り、見せます。


香港W hotelおもてなしの仕掛けを森田恭通が語り、
国宝を映し出す展示照明のカラクリを
日本発の博物館専属展示デザイナー木下史青が紹介。
銀座の街を彩る和光、資生堂、ミキモトウィンドウの華やぐ技。
TONERICOのこだわりは、手を動かそうとしてうまれる、感覚に訴える空間。
東京マラソンの感動をつくりだすウラ物語。


ディスプレイデザイナー達は何を考え、何を目指しているのか、その仕事とは。
仕事へのアプローチの手法から、仕事の進め方までを掲載。




※下記の項目にひとつでもあてはまる方は、この本を読んでください。


□建築家とインテリアデザイナーのどちらがエラいのか。と考えたことがある
□壁を見ると叩きたくなる
□レストランでトイレが分かりにくいと思ったことがある
□思いついたことを絵に描いたことがある
□照明が明るすぎると感じたことがある
□美術館で安らぎをおぼえたことがある
□博物館に行くとワクワクする
□こだわりの文房具がある
□エコに関心がある
□手すりの太さが気になったことがある
□デザイナーをかっこいい職業だと思ったことがある
□お気に入りの場所がある
□車窓の景色が気になる
□大阪万博が好きだ
□ホテルのバンケットルームの絨毯が気になる
□思い出の家具がある
□モーターショーの魅力は車とコンパニオンだが、見本市の高揚感はたまらない
□柱の角が気になる


※2009年11月に、日本ディスプレイデザイン協会の創立50周年を
記念して刊行した書籍の新装版です。日本ディスプレイデザイン協
会は2012年2月に一般社団法人への移行を機に、日本空間デザイ
ン協会に名称を変更しました。

関連書籍

空間創造発想帖 ディスプレイデザイナーのアタマとシゴト

空間創造発想帖 ディスプレイデザイナーのアタマとシゴト
著者:(社)日本ディスプレイデザイン協会=企画・監修
定価:3,024円(税込)



レビュー

レビューを投稿

ショッピングカート

定価 3,672円(本体3,400円)
購入数 :

カートに入れる

書籍データ

定価 3,672円(本体3,400円)
著者:企画・監修=(一社)日本空間デザイン協会
ISBN: 978-4-89737-848-0
Cコード:C0052
NDC727
判型:B5判変型
頁数:208ページ
発売日:2016年7月15日

SSL グローバルサインのサイトシール