ページトップ

書籍

カテゴリー

  • アート
    • 画集
    • 技法書
    • 工芸
    • 芸術史
  • フォトグラフ
  • グラフィックデザイン
    • 作品集
    • 広告
    • イラストレーション
    • 色彩
    • 年鑑
  • プロダクトデザイン
    • プロダクト
    • パッケージ
    • 年鑑
  • スペースデザイン
    • 作品集
    • 評論
    • インテリア
    • SPA-DE
    • 年鑑
  • アーキテクチャー
    • 作品集
    • 評論
  • フラワーデザイン
    • テキスト
    • レッスン
    • ブリザードフラワー
    • ウエディング
  • ガーデニング
  • 生活一般
    • ホビー
    • フード
    • 手芸
    • 健康
    • エンターテイメント
    • オトナビブックス
  • カルチャー
    • 文芸
    • 雑学
    • オレキバ
  • トラベル

ファッションとアート 麗しき東西交流

ファッションとアート 麗しき東西交流
  • ファッションとアート 麗しき東西交流

◆内容紹介

西洋化をすすめる日本。
ジャポニスムブームにわいた西洋。
海の向こうへの憧れが、
新しい装いと美を生み出した。

横浜美術館にて2017年4月15日〜6月25日開催
「ファッションとアート 麗しき東西交流」展 図録

【概要】
明治から昭和初期(19世紀末〜20世紀前半)にかけてのファッション、工芸、絵画等を通して、日本と西洋の交流を見つめる1冊です。

幕末の開国以降、日本と西洋各国は国際交流が活発となりました。そして日本と西洋は、互いの衣服・美術品を知ることにより、新しい美意識にめざめます。本書に登場する数々の作品は、そうした当時の美意識から生み出されたものです。洋装の女性を生き生きと描いた日本画、きものからインスピレーションを受けて誕生したドレス、西洋市場に向けてつくられた和柄の花瓶、日本の自然観を絵柄に取り入れた洋食器……。その他にもさまざまな作品たちが、当時の「麗しき東西交流」を私たちに教えてくれます。

※京都服飾文化研究財団(KCI)所蔵のドレスを中心に、国内外の服飾品、工芸品、絵画、写真など、約200点の作品を掲載。


【目次】

序にかえて 逢坂恵理子 ……………………………………………………………………………… 4
異なる文化が出会う時 沼田英子 ………………………………………………………………… 6
東から西へ、西から東へ。ファッション往来 深井晃子 …………………………………… 11

第1章 東西文化の交差点 YOKOHAMA …………………………………………………………… 17
第2章 日本 洋装の受容と広がり …………………………………………………………………… 41
第3章 西洋 ジャポニスムの流行 …………………………………………………………………… 83

明治期の輸出室内着 周防珠実 ……………………………………………………………………… 162
和装から洋装へ―鏑木清方のまなざし 内山淳子 …………………………………………… 167
In Lieu of a Preface Osaka Eriko ……………………………………………………… 172
Section Summaries ……………………………………………………………………………………… 174
A Meeting of Different Cultures  Numata Hideko ……………………………… 176
From Japan to the West, from the West to Japan in Fashion Fukai Akiko ………………… 181
Exported Dressing Gowns of the Meiji Period Suoh Tamami …………………………………… 187
From Japanese to Western Dress: The Eye of Kaburaki Kiyokata Uchiyama Junko ………… 191
関連年表―ファッションとアートの東西交流 長谷川珠緒[編]…………………………… 196
参考文献 長谷川珠緒[編] ………………………………………………………………………… 204
作品リスト・解説 ……………………………………………………………………………………… 206

コラム① 近代の髪飾り、帯留、指輪―その歴史概要 露木 宏 …………………………… 74
コラム② 左右非対称の構図 周防珠実 …………………………………………………………… 100
コラム③ 菊花の東西交流 坂本恭子 ……………………………………………………………… 142




【編著者プロフィール】
横浜美術館:横浜開港以降の近代・現代美術に関する幅広い収集、展示を行う。最近の企画展に「メアリー・カサット展」(2016年)、「BODY/PLAY/POLITICS」(2016 年)など。

公益財団法人 京都服飾文化研究財団(The Kyoto Costume Institute):西洋の服飾および服飾に関する文献や資料の、収集保存、研究、公開を行う。最近の展覧会に「ラグジュアリー:ファッションの欲望」(2009年)、「Future Beauty: 30 Years of Japanese Fashion」(2010~2014 年)など。

レビュー

レビューを投稿

ショッピングカート

定価 3,024円(本体2,800円)
購入数 :

カートに入れる

書籍データ

定価 3,024円(本体2,800円)
著者:編著:横浜美術館・京都服飾文化研究財団
ISBN: 978-4-89737-894-7
Cコード: C0070
判型: A4判 (天地297ミリ × 左右210ミリ)
体裁: 並製/カラー
頁数: 238ページ
発売日:2017年4月20日



SSL グローバルサインのサイトシール