ページトップ

書籍

カテゴリー

  • アート
    • 画集
    • 技法書
    • 工芸
    • 芸術史
  • フォトグラフ
  • グラフィックデザイン
    • 作品集
    • 広告
    • イラストレーション
    • 色彩
    • 年鑑
  • プロダクトデザイン
    • プロダクト
    • パッケージ
    • 年鑑
  • スペースデザイン
    • 作品集
    • 評論
    • インテリア
    • SPA-DE
    • 年鑑
  • アーキテクチャー
    • 作品集
    • 評論
  • フラワーデザイン
    • テキスト
    • レッスン
    • ブリザードフラワー
    • ウエディング
  • ガーデニング
  • 生活一般
    • ホビー
    • フード
    • 手芸
    • 健康
    • エンターテイメント
    • オトナビブックス
  • カルチャー
    • 文芸
    • 雑学
    • オレキバ
  • トラベル

路上のおじさん

路上のおじさん
  • 路上のおじさん
  • 路上のおじさん
  • 路上のおじさん
  • 路上のおじさん

◆内容紹介

少女おじさんのであいの物語

大都会の一日がはじまる。少女は起きだし学校へ。
路上には、そこで暮らすおじさんがいた。
おじさんもおなじようにおきあがったが……。寒そうな路上のおじさん……。


明るくのびのび育つ少女と、路上暮らしのおじさん。少女は元気に学校へ向かいますが、こおりつくような夜をすごしたおじさんは、寒さにふるえながら、とぼとぼと歩きだします。
不思議にこころ通わせるふたりの物語。
現代社会をつよく照射する作品です。

モノトーンに近い色調で静かにゆれうごく世界を、デュボワがたくみな絵筆で
はしらせ、サラがことば少なに語ります。
子どもとおとな、いっしょに読んで
語りたい絵本。



◇サラ・V (Sarah V.) 児童書ライター。イラストレーター。
1985 年、ベルギーで生まれ幼年期をベルギー東部の工業都市リエージェで過ごした。両親ともにアーティストの家庭に育つ。児童書の著作者になるのは必然だったといわれる。本書は父であるクロード・K・デュボワとの共作となった。

◇クロード・K・デュボワ (Claude K. Dubois)
1960 年、ベルギーに生まれる。版画を学んだ後、リエージュの美術学校で学ぶ。現在は、同校でデッサンを教えながら、イラストレーターとしても活躍中。さまざまな作家と組み、イラストレーションや、絵本の仕事を手がけている。日本語版に『さようなら、わたしの恋』( 小川糸:訳、ポプラ社)、シリーズ絵本『心あたたまることばをおくるハムスターの絵本』(カール・ノラック:作、河野万里子:訳、ほるぷ出版)など多数ある。

◇おび・ただす (飫肥 糺) エッセイスト。編集者。
1945 年、中国大連に生まれる。早稲田大学卒業。共編に『日本の歴史』( 全12 巻、ほるぷ出版)、著作に『たましいをゆさぶる絵本の世界』(NPO 絵本で子育てセンター)、訳書に『おもいだしてください あのこどもたちを』( 汐文社)、『あるアーティストと悪がきだった ぼくのこと』『平和って、どんなこと?』( 以上、六耀社)、『ゴルバチョフはどんな改革をめざしたか』( ほるぷ出版)
などがある。

レビュー

レビューを投稿

書籍データ

定価 1,620円(本体1,500円)
著者:サラ・V、クロード・K・デュボワ
訳:おび ただす
ISBN: 978-4-89737-964-7
Cコード: C8797
判型: A4判変型(天地260ミリ × 左右215ミリ)
体裁: 角背上製本/フルカラー
頁数: 24ページ
発売日: 2017年10月25日


作: サラV.
絵: クロード・K・デュボワ
訳: おび ただす

立ち読み一覧へ

SSL グローバルサインのサイトシール