ページトップ

書籍

カテゴリー

  • アート
    • 画集
    • 技法書
    • 工芸
    • 芸術史
  • フォトグラフ
  • グラフィックデザイン
    • 作品集
    • 広告
    • イラストレーション
    • 色彩
    • 年鑑
  • プロダクトデザイン
    • プロダクト
    • パッケージ
    • 年鑑
  • スペースデザイン
    • 作品集
    • 評論
    • インテリア
    • SPA-DE
    • 年鑑
  • アーキテクチャー
    • 作品集
    • 評論
  • フラワーデザイン
    • テキスト
    • レッスン
    • ブリザードフラワー
    • ウエディング
  • ガーデニング
  • 生活一般
    • ホビー
    • フード
    • 手芸
    • 健康
    • エンターテイメント
    • オトナビブックス
  • カルチャー
    • 文芸
    • 雑学
    • オレキバ
  • トラベル

【3月発売】画執の人 - 山下りん・木村武山と海老沢東丘

【3月発売】画執の人 - 山下りん・木村武山と海老沢東丘
  • 【3月発売】画執の人 - 山下りん・木村武山と海老沢東丘
  • 【3月発売】画執の人 - 山下りん・木村武山と海老沢東丘
  • 【3月発売】画執の人 - 山下りん・木村武山と海老沢東丘
  • 【3月発売】画執の人 - 山下りん・木村武山と海老沢東丘

◆内容紹介

画執(がしゅう)の人 - 山下りん・木村武山と海老沢東丘
託された絵に導かれて


    日本人最初のイコン画家として知られる山下りん(1857-1939)。
    その一方で、臨画や銅版画にも秀逸な作品を残していた……。



りんの弟子だった日本画家海老沢東丘(えびさわ とうきゅう 1905-95)が
大切にもっていた27枚のスケッチや油彩画、
水彩画をもとに、著者自らの体験も絡めながら、
幕末から昭和にかけて芸術表現に真摯な思いを貫き通したりんと、
その周囲の画家たちの像を紐解いていくエッセイです。

著者は、東丘を義父にもつイラストレーターでありエッセイスト。
一時期は画家を目指した時期もあり、彼らと同じ創造者の立場で、
「りんの生涯」と「幕末から昭和の時代の美術界」を逐次調査して検証していきます。
その検証の「旅」から得たものは、時代に翻弄されながら
創作に全人生を捧げた芸術家たちの知られざる姿でした。


目次
はじめに
第一章 りん、師への希求 
  石膏デッサン
りんの生い立ち・その背景
師を求めて
  油彩画
第二章 絵の道を歩む、りん
  工部美術学校
カリキュラム
  異国へ
  帰国
第三章 りんと武山、東丘の絆
  りん、故郷・笠間へ
  りんの導き
  良き師への橋渡し
  りん永久の旅へ。そして武山と東丘
  新たな道
あとがき りん像を彫る使命を負って 星永文夫(俳誌『霏霏』主宰)
山下りん、木村武山、海老沢東丘の略年譜
参考文献



◆著者プロフィール◆
海老沢小百合(えびさわ・さゆり)
1947年熊本生まれ。イラストレーター・エッセイスト。
武蔵野美術大学卒業後、テキスタイルデザイン研究所勤務。
その後、イラストレーターとして独立。
さまざまな企業や出版社のイラストを手がける。
全国各地で原画展開催。
月刊誌『ふれあいねっと』表紙絵・特集企画編集等を16年間担当。
主な著書に、絵とエッセイ集『記憶のパレット』(2004年、星雲社)、
宮澤賢治研究者の間で〈ナゾの人物〉と言われる祖父を書いた
『琥珀色の肖像』(2010年、時事通信社)がある。

関連書籍

ある日の村野藤吾 建築家の日記と知人への手紙

ある日の村野藤吾 建築家の日記と知人への手紙
著者:村野 敦子
定価:3,024円(税込)

RAV竹久夢二

RAV竹久夢二
著者:石川桂子 谷口朋子
定価:1,944円(税込)



レビュー

レビューを投稿

書籍データ

定価 3,456円(本体3,200円)
著者:海老沢小百合
ISBN: 978-4-8151-0004-9
Cコード: C3071
判型: 四六判 (188×128mm)
体裁: 丸背上製本(セミハード)
頁数: 320ページ
発売日: 2019年03月15日

SSL グローバルサインのサイトシール