ページトップ

イベント

マティスとルオー展 ―手紙が明かす二人の秘密―

[ エキシビション ]

開催日

1/14~3/26

場所

パナソニック汐留ミュージアム(東京新橋)

主催

パナソニック 汐留ミュージアム、産経新聞社

ルオー宛てのマティスの直筆の手紙2点が初来日
19世紀末パリ、"美しき師弟愛"の物語

     会場:パナソニック汐留ミュージアム
        東京都港区東新橋1丁目5-1 パナソニック東京汐留ビル
     会期:1月14日(土)~3月26日(日)
        10:00~18:00(ご入館は17:30まで)
     休館:水曜日   pdf-icon.jpg パンフレットPDF

アンリ・マティスジョルジュ・ルオー、全く異なる画風を確立した二人の偉大なフランス人画家が交わした膨大な手紙のやりとりは、断続的ながら実に約半世紀に渡りました。

マティスの静物画《スヒーダムの瓶のある静物》をはじめとする貴重な初期の作品や、ルオーの重要な版画集『気晴らし』の油彩原画シリーズの全点出品など、二人や家族の手紙を紹介しながらその時期の絵画作品約140点を展覧します。

手紙と作品を通して、マティスとルオーの友情の秘密に立体的に迫ります。


============================

*関連書籍
RAVシリーズ 『ギュスターヴ・モロー』
絵本『色の魔術師 -アンリ・マティスものがたり-』

388-s.jpg 861-s.jpg



BACK